吉田悦志ゼミナール 明治大学国際日本学部

Etsushi Yoshida Seminar

吉田悦志教授

1949年岡山県美作に生まれる。

明治大学 大学( 文学部 日本文学) 1971

明治大学 博士( 文学研究科 日本文学専攻) 1980 (単位取得満期退学)

1973-1974:株式会社明治文献(出版社)編集部

1982-1985:明治大学政治経済学部専任講師

1990-2008:明治大学政治経済学部専任教授

1993-1994:ドイツ・チュービンゲン大学日本学研究所客員教授

2008:埼玉大学にて論文博士(学術)取得

2008-:明治大学国際日本学部専任教授

著書に、『きみに語る―近代日本の作家と作品』『上司小剣論—人と作品』

『事件「大逆」の思想と文学』などがある。近年は、尾佐竹猛、子母澤寛、菊池寛、岡本喜八、北野武などに言及しながら、新選組や座頭市物語も論じている。

また教育研究の他、学長室専門員、教務部長、副学長など大学行政に長年にわたり携わる。詳しくは、明治大学HPから教員データベースを参観されたい。

吉田悦志関連情報

鳥取講座

鳥取大学「鳥取学」

file:///Users/etsushi/Documents/天童市/山形新聞001%20コピー.pdf
file:///Users/etsushi/Documents/天童市/明治大学リバティアカデミー地域連携%E3%80%80(明治大学・天童市).mht

M−style 2010/11/20

コメントを残す

Required fields are marked *.